横浜ウォーター株式会社
Tel:(045)651-6100(代表)
お問い合わせ
HOME 会社概要 事業概要 研修情報
  会社概要
会社概要
 社名 横浜ウォーター株式会社
 設立日  平成22年7月1日
 
 代表取締役 五十川 健郎
 所在地 〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町6−113桜木町ANビル6F
 TEL Tel:(045)651-6100(代表)
 資本金 100,000,000円(横浜市水道局100%出資)
 事業内容 1 上水道施設、下水道施設、工業用水道施設、そ
 の他水インフラ及びそれらに付随する施設の管理
 及び運営
2 上水道施設、下水道施設、工業用水道施設、そ
 の他水インフラ及びそれらに付随する施設の設計
 、施工及び監理
3 上水道施設、下水道施設、工業用水道施設、そ
 の他水インフラ及びそれらに付随する施設の調査
 及び診断
4 上水道施設、下水道施設、工業用水道施設、そ
 の他水インフラに関するコンサルティング、各種講
 習及知識の普及啓発
5 上水道施設、下水道施設、工業用水道施設、そ
 の他水インフラに関する調査、研究及び開発
6 上水道施設、下水道施設、工業用水道施設、そ
 の他水インフラに関するシステムの開発及び運営
7 上水道施設、下水道施設、工業用水道施設、そ
 の他水インフラに関するイベントの企画、運営
8 機械類、設備類、計測機器、電気機器、部品類
 及び原料、資材類の輸出入及び国内販売、リー
 ス、賃貸借及び仲介
9 労働者派遣事業
10 前各号に付帯関連する一切の業務
会社地図
JR線、横浜市営地下鉄ブルーライン桜木町駅から徒歩5分、みなとみらい線馬車道駅から徒歩5分

★JR桜木町駅からのご案内
改札を出たら右方面へ、広い道路に出たら左、関内方面へ道路を渡ります。
そのまま道なりに30メートルほど歩くと、JRの高架左側に大岡川を渡る歩道橋があります。
この歩道橋を渡り終えたところに桜木町ANビルがあります。
このビルの6階に弊社があります。

★みなとみらい線馬車道駅からのご案内
改札を出たら右方面へ進み、上りエスカレータ−を二つ乗り継いでアイラ
ンドタワー出口から外に出たら右方向へ、最初の信号で横断歩道を渡ったら川沿いに進み、2つ目のビルの6階に弊社があります。


地図のURL
http://yahoo.jp/8t9u8L

 中期計画
    
   横浜ウォーター中期計画2016(2014〜2016)を策定しましたので、その概要をご紹介します。

   中期計画概要版はこちら

  決算報告
2012年度決算報告
 
 - 経営の概況 -

設立3年目となる2012年度におきましては、約1,000万円の経常利益を目標に、
引き続き「施設整備・維持管理事業」、「技術関連事業」、「研修事業」の3つを柱に事業を実施しました。
「施設整備・維持管理事業」では、横浜市水道局から川井浄水場の運転管理業務と西部第一給水維持課管内の
給水装置工事設計審査・完了検査業務を受託し、安全で安心な水道水の供給に寄与しました。
「技術関連事業」ではち、国際関連事業のうち、研修員受け入れを5件(コンサルティングに伴う研修員受入2件を含む)、
コンサルティング事業を7件受託・実施するなど着実に事業拡大を進めてまいりました。
国内事業では、東日本大震災の復興の一助となるべく、国土交通省が公募した官民連携による
震災復興関連PPP事業を他事業者とともに実施しました。
「研修事業」では、水道技術継承研修として8つのカリキュラムを前期・後期各1回実施しました。
また、ご要望のカリキュラムで実施するオーダーメイド研修も6件受託・実施しました。
その結果、2011年度決算におきましては、目標を達成することができました。
今後も、横浜市及び当社が有する技術力やノウハウを活かしながら
事業を推進してまいります。

2012
年度の貸借対照表、損益計算書はこちら
http://www.yokohamawater.co.jp/pdf_middle1.gif

※左ダブルクリックにてPDFが開きますので画面より保存またはプリントアウトしてください。
Acrobat
 Reader(アクロバットリーダー)をお持ちでない方はPDFは閲覧できません。

下記リンク先よりAcrobat Readerをダウンロードしご使用ください。

http://www.yokohamawater.co.jp/get_adobe_reader.gif
  2011年度決算報告
 
 
- 経営の概況 -

設立2年目となる2011年度におきましては、1,000万円の経常利益を目標に、
「施設整備・維持管理事業」、「技術関連事業」、「研修事業」の3つを柱に事業を実施しました。
「施設整備・維持管理事業」では、横浜市水道局から川井浄水場の運転管理業務と西部第一給水維持課管内の
給水装置工事設計審査・完了検査業務を受託し、安全で安心な水道水の供給に寄与しました。
「技術関連事業」ではち、国際関連事業のうち、研修員受け入れを4件(コンサルティングに伴う研修員受入1件を含む)、
コンサルティング事業を6件受託・実施しています。
国内事業では、東日本大震災の復興の一助となるべく、国土交通省が公募した官民連携による
震災復興関連PPP事業を他事業者とともに実施しました。
「研修事業」では、水道技術継承研修として8つのカリキュラムを前期・後期各1回実施しました。
また、ご要望のカリキュラムで実施するオーダーメイド研修も4件受託・実施しました。
その結果、2011年度決算におきましては、目標を達成することができました。
今後も、横浜市及び当社が有する技術力やノウハウを活かしながら
事業を推進してまいります。

2011年度の貸借対照表、損益計算書はこちら


※左ダブルクリックにてPDFが開きますので画面より保存またはプリントアウトしてください。
Acrobat Reader(アクロバットリーダー)をお持ちでない方はPDFは閲覧できません。

下記リンク先よりAcrobat Readerをダウンロードしご使用ください。


↑クリックするとダウンロードサイトへ行きます。
 
2010年度決算報告

- 経営の概況 -

設立初年度である2010年度におきましては、収支均衡を目標に掲げ、8月より水道事業体の職員や民間企業を対象とした研修事業を
スタートさせました。また、今後、国内の課題解決に貢献するため、9月から翌2011年3月末まで鶴ヶ峰浄水場の運転管理を
受託いたしました。国際関連事業では、11月に中央アジア、1月に東南アジアからの研修生の受け入れを行うとともに、
ベトナムやフィリピン等の水道事業に関するコンサルティング業務を実施してまいりました。
その結果、2010年度決算におきましては、僅かながら黒字を計上することができました。
今後も、横浜市及び弊社が有する技術力やノウハウを活かしながら
事業を推進してまいります。

2010年度の貸借対照表、損益計算書はこちら


※左ダブルクリックにてPDFが開きますので画面より保存またはプリントアウトしてください。
Acrobat Reader(アクロバットリーダー)をお持ちでない方はPDFは閲覧できません。

下記リンク先よりAcrobat Readerをダウンロードしご使用ください。


↑クリックするとダウンロードサイトへ行きます。


Copyright(C) YokohamaWater Corp. All right reserved.