Yokohama Water

プレスリリースPRESSRELEASE

宮城県山元町と上下水道事業経営に関する アドバイザリー業務契約を締結

2019.04.16

横浜ウォーター株式会社(本社:横浜市中区相生町6-113、社長:五十川 健郎)は、平成31年4月15日付で、山元町(齋藤俊夫町長)と「平成31年度上下水道事業経営アドバイザリー業務委託」契約を締結しました。

当社は、横浜市が有する上下水道事業運営ノウハウを活かし、同町の持続可能な上下水道事業経営をサポートします。

【事業の概要】

宮城県山元町に対して横浜市を挙げて復旧・復興支援に取り組むなか、平成23・24年度には山元町を題材とした国のモデル事業調査を実施し、平成25年度より上下水道事業経営アドバイザリー業務委託契約を締結し、同町が実施された上下水道事業包括的業務委託に係る発注者支援、財政計画策定、長寿命化計画策定の支援を行ってまいりました。

平成31年度も引き続き、同町における最適な上下水道事業体制の構築に向けて当社がアドバイザリーを行うものです。

①  名 称:平成31年度 上下水道事業経営アドバイザリー業務委託

②  締結者:山元町、横浜ウォーター株式会社

③  期 間:平成31年4月15日から平成32年3月31日

④  内 容:

・包括業務委託モニタリング業務

・上下水道事業財政計画策定業務

・上下水道施設更新計画策定業務

・中期経営計画(上下水道ビジョン)策定業務

・脱水機更新工事支援

・包括的業務委託見直・公示・選定・引継業務支援

・設備保全管理システムの運用及び保守 など

当社は、横浜市の有する上下水道事業ノウハウを活かし、国内外への技術協力等の事業支援に貢献するとともに、持続性の高い上下水道事業運営や官民連携事業の創出を追求して参ります。

 本件に関するお問い合わせ:toiawase@yokohamawater.co.jp
一覧へ戻る
PAGE TOP