Yokohama Water

事業概要 BUSINESS

事業スキームのご案内

横浜市水道事業の将来に向けた経営基盤強化のため、長い歴史の中で培ってきた、水道局の技術力・ノウハウ等を活用し、ビジネス展開を図る新会社「横浜ウォーター株式会社」を設立しました。これにより、国内外の水道事業の課題解決に貢献するとともに、新たな収益を確保し、お客さまに還元しつつ、横浜市水道局の経営基盤の強化を図ります。
また、2013年4月に横浜市環境創造局と基本協定を締結し、下水道の技術力・ノウハウ等を活用したビジネス展開も積極的に進めています。

社会・国際貢献技術・ノウハウの提供

事業一覧

浄水場等の運転管理

熟練の技術者が浄水場等の施設の運転監視のほか、お客さまの使用実態に合わせた効率的な水運用(送・配水)を行います。
施設の維持管理では、浄水施設や電気・機械設備等の保守管理、水質管理を行い、安全で安定した水道水の供給を実現します。

給水装置工事の設計審査・完了検査

お客さまが所有する給水装置の新設・改良工事にかかる設計審査、完了検査業務を実施します。

研修事業

国内外の水道事業体や民間企業を対象に、水運用や漏水調査、送配水管の更新計画などの水道技術に関する研修について実技指導を行います。 水道概論研修では浄水場等の施設見学を交え、水道事業全般についての研修を実施します。

国際関連事業

横浜市水道局及び環境創造局が保有する高い技術力及びノウハウを海外からの研修員に提供し、人材を育成するとともに、現地でコンサルティング業務を行い、海外における上下水道事業体の抱える課題の解決に貢献します。

国内事業

上下水道事業体には、中長期計画や各種マニュアル策定、事業運営支援、危機管理支援、包括委託やPFIに向けた調査及びアドバイザリー業務を提供します。
また、民間企業には、当社の持つ上下水道事業運営ノウハウと民間企業様の技術力を組み合わせ、共同研究や販売、共同事業を推進します。

PAGE TOP