技術継承Technical Tradition

  国内においては料金収入等の減少などによって執行体制が脆弱化するなか効果的かつ効率的な運営や技術継承不足を補完し、海外においては途上国における技術者の育成や組織力の強化、 無収水、水環境を改善するなど各種規程類の整備や研修サービス等を通じて上下水道事業体に不可欠な公営ノウハウの継承や強化を図り、上下水道事業運営をサポートします。

現状分析

当社は、横浜市上下水道事業運営に携わった人材とノウハウを生かし、「現地・現物・現実主義」に基づく“現場本位”にこだわり、 直営執行体制をABC分析やヒアリング等を用いて分析することともに、仕様書内容のチェックを行い、官民業務分担案や段階的な導入ステップを検討し、執行体制のあり方を踏まえたケーススタディを行います。

整備・改訂・運用

策定した計画に基づき、布設替や新規布設における設計・積算・発注図書等の発注者支援を行います。
  これらの活動を通じて、設計・積算・発注図書に係る直営管理に必要なマニュアル整備などをサポートすることも可能です。

研修

発注後の施工監理や充水・洗浄方法や切替手順など事業体が担うべき直営ノウハウの支援を実施、執行体制及び技術力の維持・確保をサポートします。
  又、その事業体の特徴やマニュアルを継承させて頂くことで異動等や緊急時の際の継続的なサポートを提供することが可能です。

導入事例