ニュースリリース一覧

ベトナム国下水道計画・実施能力強化支援プロジェクトを受託

  • 2016.2.5

  横浜ウォーター株式会社(本社:横浜市中区相生町 6-113、社長:五十川 健郎)は、平成 28年2月1日付で、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する技術協力プロジェクト「ベトナム国下水道計画・実施能力強化支援プロジェクト(詳細計画策定フェーズ)」を受託しました。

【事業の概要】
  ベトナム政府は近年、河川や運河の水質汚濁など深刻な環境問題に対応し、公共下水処理場等を急速に整備するなど取り組みを強化しています。
  JICAとしても、下水道整備に関し、ハノイ、ホーチミン、ハイフォン等で円借款事業を実施しているところです。このように各地で公共下水処理場等の整備が進んでいる一方、下水道事業運営を適切に行う人材は限られている上、知識や技術が乏しいのが実情です。
  また、下水道事業を持続させるために必要な施設の維持管理、施設維持のための財政計画の立案や投資計画の策定、これらを実施するための組織・制度の構築など、下水道経営能力は限られている現状です。
  更には、今後の展開が予定されている中小都市においては、そもそも下水道の技術者が配置されておらず、下水道整備計画の策定等、下水道事業の実施能力に課題は少なくありません。
  これらの課題を解決するために、ベトナムの下水道人材を育成する体制を構築すべく、ベトナム建設省は日本政府に対し、「下水道計画・実施能力強化支援プロジェクト」の協力を要請しました。
  本事業は、当社が有する自治体業務のノウハウを活用し、下水道計画・実施能力の強化に貢献するため活動するものです。

  ① 活動期間:平成 28年2月~平成29年 1 月
  ② 参加企業:日本テクノ株式会社(代表者)、一般財団法人下水道事業支援センター(構成員)、
         株式会社ウォーターエージェンシー(構成員)、日本水工設計株式会社(構成員)、
         横浜ウォーター株式会社(構成員)
  ③ 事業内容:・下水道人材育成ニーズの明確化
            ・下水道センターの機能、組織体制、ビジネスプラン(案)作成
            ・研修計画策定、研修教材作成、パイロット研修の開始
            ・事業実施支援の中長期計画作成とパイロット事業の選定
            ・研修開発機能の中長期計画作成

  当社は、自治体の有する水事業ノウハウを活かして、国内外への技術協力等を通じて事業運営に貢献するとともに、持続性の高い上下水道事業運営や官民連携事業の創出を追求して参ります。

本件に関するお問い合わせ:toiawase@yokohamawater.co.jp