ニュースリリース一覧

日本原料との業務提携を締結

  • 2014.7.9

  横浜ウォーター株式会社(本社:横浜市中区相生町 6-113、社長:五十川 健郎)は、このたび、日本原料株式会社(本社:川崎市川崎区東田町1-2 代表取締役:齋藤 安弘)と、国内外における水道事業の安心・安全・信頼向上に資する事業を推進するため、包括的連携に関する協定を締結しました。

【事業の概要】
  本件は、両社が相互に連携し協働による取組を推進することにより、国内外の水道事業者様の様々な課題に迅速かつ適切に対応し、各地域における水道事業の発展に貢献することを目的として、包括的連携協定を締結したものです。
  両社はこれまでも独立行政法人国際協力機構(JICA)の平成 25 年度第一回民間提案型普及・実証事業であるフィリピン・メトロセブ水道区での「移動式砂ろ過浄水装置及びろ過地更正システムの普及・実証事業」を共同で手掛けるなどの連携を進めてきており、このたびの業務連携により双方の更なる事業拡大が期待されます。

  ① 協定締結日:2014 年6月26日
  ② 連携対象となる事項:
     ・シフォンタンク等浄水技術の拡販に関する取組
     ・浄水技術の運営(運転・維持管理等)に関する取組
     ・JICA,ODA 事業における推進強化に関する取組
     ・フィリピンにおける推進強化に関する取組
     ・その他、アジア・中東・アフリカ諸国への取組
     ・事業連携パートナーの選定に関する取組
     ・被災地復旧支援に関する取組
     ・小規模集落への災害時対応型移動式浄水器の拡販に関する取組
     ・その他、両者のビジネス推進に資する連携強化に関する取組

  当社は、自治体の有する水事業ノウハウを活かし、優れた技術を有する企業様と連携し、国内外への技術協力等の事業支援に貢献するとともに、持続性の高い上下水道事業運営や官民連携事業の創出を追求して参ります。

本件に関するお問い合わせ:toiawase@yokohamawater.co.jp