ニュースリリース一覧

民間企業と連携し、インドネシア・メダン市に優れた水道技術を導入

  • 2013.11.12

  横浜ウォーター株式会社(本社:横浜市中区相生町 6-113、社長:五十川 健郎)は、このたび、株式会社グッドマンと連携し、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する「民間提案型普及・実証事業」を受託しました。

【事業の概要】
  本件は、配水管の 80%以上に樹脂管を使用しているインドネシア国北スマトラ州メダン市において、株式会社グッドマンが開発した樹脂管に特化した漏水探索器を導入し、実証・普及を行います。
  当社は、優れた漏水探索技術を有する株式会社グッドマンの製品の販売を開始しており、すでにフィリピン国メトロセブ、ルワンダ国への納入も手掛けております。
  当社並びに横浜市水道局の強みのひとつである無収水対策と優れた漏水探索技術を組み合わせて、メダン市の水道事業運営改善とともに、インドネシア国をはじめさまざまな地域への無収水対策の普及に取り組みます。

  ① 活動期間:平成 25 年 11 月~平成 27 年3月
  ② 参加企業:株式会社グッドマン
            横浜ウォーター株式会社
  ③ 事業内容:樹脂管に特化した漏水探索器の導入・実証・普及事業

  当社は、自治体の有する水事業ノウハウを活かし、優れた技術を有する企業様と連携し、国内外への技術協力等の事業支援に貢献するとともに、持続性の高い上下水道事業運営や官民連携事業の創出を追求して参ります。

本件に関するお問い合わせ:toiawase@yokohamawater.co.jp