ニュースリリース一覧

茨城県坂東市と民間委託・財政計画等アドバイザリー業務契約を締結

  • 2016.6.15

  横浜ウォーター株式会社(本社:横浜市中区相生町 6-113、社長:五十川 健郎)は、平成 28年6月16日付で、茨城県坂東市(吉原 英一 市長)と「公営企業会計適用固定資産調査及び評価並びに経営戦略策定支援業務委託」契約を締結しました。
  当社は、横浜市が有する上下水道事業運営のノウハウを活かし、同市の持続可能な下水道事業運営をサポートします。

【事業の概要】
  坂東市は、平成 17 年度に旧岩井市と旧猿島町が合併して現在に至っていますが、下水道事業における経営基盤の強化や老朽化する施設への対応等は喫緊の課題となっています。
  かかる状況を踏まえ、経営基盤とマネジメント力の強化を図るため、公営企業会計の適用化に向けて取組みを推進するとともに、中長期にわたり安定的かつ持続的に事業経営を進めていくための経営戦略が必要となっています。
  本業務は、公共下水道事業ならびに農業集落排水事業の固定資産を整理し、更新計画の策定に資する設備台帳の作成ならびに財政収支計画を作成して経営戦略を策定するものです。

  ① 名 称:公営企業会計適用固定資産調査及び評価並びに経営戦略策定支援業務委託
  ② 履行期間:平成28年6月17日から平成29年3月17日
  ③ 内 容:・基本計画策定支援、固定資産調査データ作成、固定資産の整理評価手法の策定評価、法適用事務支援、実地研修
          ・経営戦略素案作成、設備台帳データ作成、財政計画作成支援

当社は、横浜市の有する上下水道事業ノウハウを活かし、国内外への技術協力等の事業支援に貢献するとともに、持続性の高い上下水道事業運営や官民連携事業の創出を追求して参ります。

本件に関するお問い合わせ:toiawase@yokohamawater.co.jp