ニュースリリース一覧

ナイジェリア国連邦首都区無収水削減プロジェクトを受託

  • 2014.11.11

  横浜ウォーター株式会社(本社:横浜市中区相生町 6-113、社長:五十川 健郎)は、このたび、八千代エンジニヤリング株式会社と連携し、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する技術協力プロジェクト「ナイジェリア国連邦首都区無収水削減プロジェクト」を受託しました。

【事業の概要】
  ナイジェリア国連邦首都区政府(FCTA)傘下で給水事業を担う連邦首都区水道公社(FCTWB)は今後、FCTA の戦略計画に基づく無収水率削減に向け、経営体制の強化が喫緊の課題となっております。
  かかる状況を踏まえ、ナイジェリア政府から本邦に対して FCTWB の無収水削減能力強化を図るべく技術協力による支援が要請されました。
  本事業では、当社が有する漏水調査をはじめとした無収水削減対策のノウハウを活かし、無収水率の削減と FCTWB の無収水削減に関する能力強化を目的に活動するものです。

  ① 活動期間:平成 26 年 11月~平成 30 年3月下旬
  ② 参加企業:八千代エンジニヤリング株式会社(代表者)
         横浜ウォーター株式会社(構成員)
  ③ 事業内容:無収水の測定・管理支援
         無収水削減活動の管理・実施支援
         無収水削減戦略計画の策定支援
         OJTやワークショップ形式による担当者への技術移転
         本邦研修 など

  当社は、自治体の有する水事業ノウハウを活かして、国内外への技術協力等を通じて事業運営に貢献するとともに、持続性の高い上下水道事業運営や官民連携事業の創出を追求して参ります。

本件に関するお問い合わせ:toiawase@yokohamawater.co.jp