ニュースリリース一覧

茨城県常陸大宮市と「上下水道事業経営基盤強化に向けた支援協定」を締結

  • 2021.7.13

 横浜ウォーター株式会社(本社:横浜市中区相生町6-113、社長:鈴木 慎哉)は、2021年7月13日付で相互の連携を強化し、常陸大宮市の上下水道事業における経営基盤強化を推進するため、茨城県常陸大宮市(市長:鈴木 定幸)と「上下水道事業経営基盤強化に向けた支援協定」を締結いたしました。本協定に基づき、協働の取組みを推進してまいります。

【支援協定の概要】
 常陸大宮市と当社は、令和元年9月2日に「常陸大宮市水道事業経営計画策定業務委託」を契約締結し、令和2年3月末までに同計画を策定するための協働作業を進めてまいりました。これらの活動に伴い、当社は常陸大宮市の全水道施設を現地調査するなどして常陸大宮市水道事業への理解を深め、職員との信頼関係を築いてまいりました。また、令和元年10月の台風19号被害の際には、自主的に被災現場入りし、その後の復旧活動に向けた技術的アドバイスを行うなど互助の関係を築くことになりました。
 これら常陸大宮市と当社におけるさまざまな活動を通じて、得られた知見や情報を活かし、常陸大宮市における上下水道事業経営基盤のより一層の強化に向けて支援協定を締結いたしました。

  名  称:上下水道事業経営基盤強化に向けた支援協定
  当事者:常陸大宮市、横浜ウォーター
  期  間:令和3年7月13日から令和8年3月31日
  内  容:・施設更新計画や水運用、危機管理に関するアドバイス
        ・経営計画の着実な履行に向けた情報共有及び水道事業経営へのアドバイス
        ・その他双方が必要と思われる支援など


 今後とも、横浜市水道局100%出資団体ならではの事業運営ノウハウを活用し、国内外への技術協力等の事業支援に貢献するとともに、持続性の高い上下水道事業運営や官民連携事業の創出を追求してまいります。

 本件に関するお問い合わせ:toiawase@yokohamawater.co.jp